« ベースボール | トップページ | 2008-SUPER・14① »

ジョンQ

B00005jkwv01lzzzzzzz アメリカの名作映画

デンゼル・ワシントン主演、「ジョン・Q」です。

少し前にも、日本のテレビで放送されました(^_^)

黒人主演映画とゆうのは、何かオーラを感じてしまいます(笑)

この作品は、アメリカの医療制度の問題とヒューマンドラマが目立った作品です。

工場勤務で3人家族の大黒柱、主人公ジョン・Q・アーチボルト。

彼の息子であるマイクが、ある日の野球の試合で突然失神してしまう。

急いで病院に向かい、処置してもらい一命を取り留めたが

マイクは余命僅かにある心臓の病気に掛かっていた。

助けるには心臓の移植手術が必要だった為、ジョンは妻と一緒に手術を希望する。

しかし、病院側の調べでジョンには高額医療の保障がなかったのだ。

どうやら、勤務先の工場が正社員からパートタイムに勝手に変えていたのだ。

手術に掛かる費用は75000ドル。保険が利かなければ手術できずマイクは死ぬ。

しかし、その前にマイクの心臓を待機者リストに載せなければならない。

その費用だけでも、すぐに払えるような金額じゃない。ジョンは必死にお金を集める。

しかし病院に6000ドル支払った直後、病院側にマイクの強制退院を宣告される。

退院なんかしたらマイクは死ぬ。妻はジョンに「何とかして!」とせがむ・・・

そして、後が無くなったジョンは命を懸けてマイクを救う為、病院を占拠する。

この説明だけで、伝わるか解りませんが、熱い心を感じる映画です。

病院占拠という常識外れな行動、しかし観ていてジョンを応援したくなる。

僕が思う常識というのは、皆が守って保たれる秩序の事。

その土台にあるのは、上の人間の善悪、人の妥協、了承、関係もあるのです。

ジョンは病院を占拠しましたが、全ては息子の命を救う為。

マナーとか、モラルを守るからこそ感じる素晴らしい精神だと思う。

正しいと思う事が貫けない事は沢山ある。

だけど、人として大事な心得を忘れてはいけない。

家族の絆の強さ、ジョンという人間の魅力、共感ある名セリフ

個人的に洋画派というだけだが、近年この映画に勝てる邦画があるとは思えない。

勉強させられる映画ほど、良い映画は無い。

まぁ、何より映画を日本語吹き替え版で観たこともそうです。

あの声優はピッタリでした。(>_<)

最後に、「ジョン・Q」で好きなシーン、セリフがあります。

息子が意識が朦朧とする中、ジョンがマイクに電話越しに泣きそうな声で

「お前がいなくなったら、世界が楽しくなくなるだろ?」というセリフ

一度言われて見たい話です(~_~)

Denzelwashington300a011807 素晴らしい映画になったのは、この男の実力あってこそ。

この映画の前にも取りましたが、アカデミー賞最有力だった事から観ると

この映画、デンゼル・ワシントンのデカさを感じます。

アメリカが中心の映画ばかりですが、言うだけありますよ。

脚本が良いですもん(^_^)

日本もふざけた映画じゃなくて、もっとこうゆう映画作ってくれないかなぁ~?

恋愛モノはもう十分解ったし、そろそろヒューマンドラマが必要だよ

|

« ベースボール | トップページ | 2008-SUPER・14① »

思い出・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます!
犯罪であったとしても正義ですよね。
私は別れ際の「バイバイじゃなくて、また今度」みたいなセリフが好きです。

投稿: さおり | 2008年3月11日 (火) 23時52分

さおりさん、コメントありがとう。
ジョンQを共感してくれて嬉しいです(^_^)

また遊びに来てください!

投稿: BAN | 2008年3月12日 (水) 00時49分

トラバありがとうございますhappy01
ジョンQが良い映画だというのが伝わってきました。また今度レンタルしてみようと思います!

投稿: えこー | 2008年3月12日 (水) 17時20分

エコーさん、こちらこそコメントありがとうございます。

世の中見た目うんぬんに偏った人がカッコイイとか評価されますが
ジョンQみたいな人間をホントのカッコ良さだと
信じたいですね(^_^)

投稿: BAN | 2008年3月12日 (水) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008485/11143350

この記事へのトラックバック一覧です: ジョンQ:

« ベースボール | トップページ | 2008-SUPER・14① »